電話 0120-56-3912(サンキューワンニャンと覚えてください。)
受付時間 平日10:00〜17:00
  1. ペット保険のFPC
  2. 猫種図鑑
  3. シャム(サイアミーズ)がかかりやすい病気・ケガ

シャム(サイアミーズ)がかかりやすい病気・ケガ

シャム(サイアミーズ)

シャム(サイアミーズ)の飼い主様や、これから飼うご予定の方のために、シャム(サイアミーズ)の特徴や飼い方、かかりやすい病気についてまとめました。 愛猫に最適なペット保険の検討のために、そして何よりも、愛猫との健やかな生活のためにぜひお役立てください。

良くかかる病気・ケガ

尿結石
 この猫種は比較的尿結石になりやすいです。尿結石になると腎臓や尿道に砂や石がたまり詰まってしまいます。発症の原因としてはさまざまな要因があり、たとえば水分不足やビタミン等の栄養不足、ストレスなどが関係すると言われています。症状は、頻尿なのに尿量が少ない、血尿が出る、排尿時の痛いなどです。猫がしょっちゅうトイレに行っているけれど尿があまり出ていないなど、いつもと違う様子が見られると要注意です。放置すると命にも関わりますので早期の対処が大切です。治療法は、薬で石を流したり手術で石を摘出することもあります。
下痢
 この猫種は下痢を起こしやすいです。下痢になると、腸に異常が発生して便が通常より柔らかくなったり、水っぽくなったり粘液状になります。ひどくなると脱水症状を起こして重篤な事態に陥ることもあります。原因は、食べものや免疫異常、腫瘍などさまざまです。対処については、原因によって異なるので自己判断で勝手に対処するのではなく必ず獣医さんに連れて行って診察してもらい、下痢の原因をはっきりさせてからそれに合った適切な治療をしましょう。日頃から変な食べ物は与えないなど注意してあげると良いでしょう。
外自炎
 この猫種は外耳炎にかかりやすいです。外耳炎の原因は、耳ダニやアレルギー、異物混入等によって外耳道の皮膚に炎症が発生するこることで起こります。症状としては、耳がかゆくなるので、猫が頭や耳を振ったり頻繁に足で耳を掻いたり、耳をあたりの物にこすりつけたりします。耳の中に耳垢がたまり、ひどくなると膿の混じった耳だれが外にまで出てくることもあります。治療としては軽いうちなら薬を塗ればすぐによくなりますが、放置すると中耳炎になってしまうこともありますので早めの対処が大切です。
photo by Mulling it Over

一覧に戻る