ボロニーズがかかりやすい病気・ケガ|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

ボロニーズ

ボロニーズの飼い主様や、これから飼うご予定の方のために、ボロニーズの特徴や飼い方、かかりやすい病気についてまとめました。
愛犬に最適なペット保険の検討のために、そして何よりも、愛犬との健やかな生活のためにぜひお役立てください。

犬種の特徴

 真っ白でふわふわとカールした毛は、抜けにくくて臭いも少ないので、室内で飼うのに向いています。飼い主さんによく懐き、甘えん坊でふれあいが大好き、大変親しい関係を築くことができます。その性格から、名だたる貴族たちの宮廷で寵愛されてきました。近い犬種のビション・フリーゼより慎ましく臆病なところもあり、大きな犬が苦手なことが多いようです。きちんとお世話すれば、13~15年も生きると言われ、飼い主さんを愛する甘えん坊の愛犬と、長く健康で楽しい時間を過ごすことができるでしょう。

健康で元気な子に育てる飼育法

日常のケア
 コートは、日頃からよくお手入れして、純白の綿毛を保てるようにしましょう。特に目周りの毛が涙で固まって茶色くなりやすいので、目周りの毛を短く、よく拭きとってあげましょう。また、白内障になりやすいので、日常の中で愛犬とのスキンシップのときに目をチェックしてあげましょう。尿毒症になりやすいので、腎臓に優しいフード、例えば低リン・低塩分でタンパクが調整されたものを選んでも良いでしょう。
飼育に適した環境
 ボロニーズのような小型犬は、後脚の膝蓋骨の溝が浅くて外れやすいので、脱臼しやすくなっています。ラグを敷いて滑らないよう、高低差に注意して、関節に優しい成分が多いフードを選ぶと、予防できるでしょう。コートのお手入れなどのお世話をして、きちんとしつければ、13~15年も生きると言われています。定期検診も受けるようにすれば、いろいろな病気を早く見つけ、治療や対策などの時間が多くなり、治療費は減らせるでしょう。飼い主さんを愛する甘えん坊の愛犬と、健康な時間を長く過ごすことができるので、お勧めです。

FPCのフリーペット保険なら!ペット保険で最安クラスの保険料!通院・入院・手術の3つをカバーした充実の補償!

  • ※ FPCのフリーペット保険は全国すべての動物病院に対応しています。

photo by Grace

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。 特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術