電話 0120-56-3912(サンキューワンニャンと覚えてください。)
受付時間 平日10:00〜17:00
  1. ペット保険のFPC
  2. 犬種図鑑
  3. ブリタニー・スパニエルがかかりやすい病気・ケガ

ブリタニー・スパニエルがかかりやすい病気・ケガ

ブリタニー・スパニエル

ブリタニー・スパニエルの飼い主様や、これから飼うご予定の方のために、ブリタニー・スパニエルの特徴や飼い方、かかりやすい病気についてまとめました。 愛犬に最適なペット保険の検討のために、そして何よりも、愛犬との健やかな生活のためにぜひお役立てください。

良くかかる病気・ケガ

骨折
 ワンちゃんの骨折を治療するのは、簡単ではありません。まず、骨折してすぐ正しく固定することが、最も大切だと言われています。そうでないと、治りにくくなったり、曲がってくっ付いたりしてしまいます。ギプス固定して経過をみていき、必要があれば手術をします。愛犬が自分から骨折部分を動かそうとしてしまうので、安静を保ったり、ストレスがたまらないようになど、治るまでのケアで大変なことも多いです。がんばりすぎずに、動物病院などと相談しながら、愛犬とよりよく暮らせるようにしていきましょう。
皮膚糸状菌症
 皮膚の角質に細菌が感染してしまう病気です。脱毛しますが、かゆみの少ない皮膚病と言われています。細菌にアレルギー反応が出てしまうと、とてもかゆくなることもあるようです。動物同士はもちろん、動物からヒトへ移る病気です。治るまでほかの家族からなるべく隔離して、こまめに掃除をして、家庭内で広がらないようにケアしていきましょう。また、コートのお手入れと、皮膚のチェックをこまめにして、予防に努めましょう。
眼瞼炎
 眼瞼(がんけん)とは、まぶたのことです。まぶたに炎症がおきてしまうことを、眼瞼炎と言います。目の周りが赤くはれる、脱毛する、涙・まばたきが多くなるなどがみられたら、すぐに動物病院を受診しましょう。まぶたにトゲが刺さったりしてケガしたり、生まれつき異常があったり、結膜炎やドライアイなどが原因となるようです。日頃から、スキンシップをとって遊ぶときなど、ふれあいのなかで目のチェックをしてあげられると早期発見につながるでしょう。

一覧に戻る