耳ヒゼンダニ症 - 猫の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

耳ヒゼンダニ症

症状
耳ヒゼンダニ症とは、猫の耳の中でダニが繁殖し、それにより諸症状が表れている状態のことを指します。耳の中に垢がたまり悪臭がする、耳が黒ずむ、ひどく痒がり耳をこする、頭を振るような動作をするなどの症状が表れます。まれに耳介に病変が見られることもあります。また、耳ヒゼンダニ症ではかゆみが強く感じられることが多いので、耳を頻繁に前足などでこすることによって引っかき傷ができやすく、さらにそこからなんらかの感染症に罹患することもあります。
原因
耳ヒゼンダニ(耳ダニ、耳疥癬)と言われる寄生虫が原因です。0.3mmほどのちいさな白いダニが猫の耳介に寄生することで発症します。耳ダニは表皮から組織液を吸ったり、剥がれた表皮の断片や耳垢を食しています。排泄物や耳ダニによって皮膚が傷つけられることで多量の垢が出て炎症を引き起こします。主に、多頭飼育や外飼いの場合の感染した猫との接触によって感染します。子猫の場合は母猫から感染してしまうことが多いようです。
治療方法・対策
耳の中を洗浄し、注射や外用薬、内服薬などの方法でダニ駆除剤を投与します。強いかゆみがある場合には、ステロイド剤を投与することもあります。耳ヒゼンダニが駆除された後、外耳炎の症状が見られれば継続治療が必要です。飼育環境を清潔に保ち、他の猫との接触を避けること(完全室内飼育)などが予防措置になります。また外飼いの猫の場合は、ダニ等に寄生されやすい環境にいるため、定期的なノミ・ダニの予防も効果的です。

他の耳の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術