熱中症 - 猫の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

熱中症

症状
高温多湿な環境にいることで急激に体温が上昇し、熱中症になり様々な症状が表れます。呼吸が荒く多量のよだれが見られ、脈拍数と心拍数の増加、食欲不振やぐったりした様子、眼や口腔内の充血症状が表れます。悪化すれば嘔吐や下痢、意識がなくなり、血尿や血便、痙攣や眼振を引き起こし、最悪の場合ショック症状を引き起こし死に至る可能性があります。猫は犬と違って、体を舐めて体温を下げる習性を持つため、荒い呼吸が表れると危険のサインである可能性が高いです。
原因
高温多湿な環境が大きな要因となります。猫は汗腺が肉球や鼻などの限られた場所にしかないため、体温調節が得意ではありません。夏場に高温多湿の室内や車内、キャリーケースの中に閉じ込められることなどで発症します。また一般的に体温調節能力の低いとされる幼猫や老猫、肥満の猫や疾患を持つ猫は引き起こしやすいと考えられます。ペルシャやヒマラヤンのような鼻の極端に短い猫種も他と比べて呼吸がしづらいため熱中症になりやすいと言われています。
治療方法・対策
まずは涼しい場所に移動して、猫の体を冷やして上がった体温を下げます。タオルで保冷剤をくるんで首の後ろや脇の下に当てたり、霧吹きで水を吹きかけたりする方法があります。その後すぐに動物病院を受診しましょう。室内飼育の場合は窓を開けたり換気扇を回して風通しをよくしたり、エアコンでの除湿、カーテンで直射日光を避けるなどの対策があります。猫の好む高いところにはどうしても熱気が溜まりやすいため、空気を循環させる必要があります。水分補給しやすいように、水を飲める場所を複数設けるのも予防策になります。

他のその他の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術