電話 0120-56-3912(サンキューワンニャンと覚えてください。)
受付時間 平日10:00〜17:00
  1. ペット保険のFPC
  2. 猫種図鑑
  3. バーミーズがかかりやすい病気・ケガ

バーミーズがかかりやすい病気・ケガ

バーミーズ

バーミーズの飼い主様や、これから飼うご予定の方のために、バーミーズの特徴や飼い方、かかりやすい病気についてまとめました。 愛猫に最適なペット保険の検討のために、そして何よりも、愛猫との健やかな生活のためにぜひお役立てください。

良くかかる病気・ケガ

尿路結石
 この猫種は尿路結石にかかりやすいです。この病気の原因ははっきりとは特定されていませんが、水分の摂取が少ないこと、ビタミン不足等栄養の偏りがあること、先天的に尿道が狭い場合や、ストレスなども原因となると考えられています。症状は腎臓や尿管、膀胱、尿道などに石や砂ができて、血尿がでたり、トイレに頻繁に行くのに尿が少ししか出ないとか、排尿時に痛みを伴います。重症になると尿が出なくなって、食欲もなくなりぐったりして、命にも関わります。症状が軽ければ薬で溶かして流すことができますが、石が大きくなっている場合は手術が必要になります。 "
皮膚疾患
 この猫種はサテンのようななめらかで美しい被毛が特徴ですが、皮膚疾患にかかりやすいです。原因はさまざまで、各種のアレルギーや日光への当たりすぎ、外傷やダニやノミなどの虫などがあげられます。症状は、皮膚が乾燥してフケ状の粉が発生したり、かゆみが発生して猫が体を物にこすりつけたり体を頻繁に掻いたりします。炎症を起こして脱毛することもあります。放置すればするほど悪化しますので、猫がかゆがったり皮膚に炎症が起きている場合は、早めに獣医さんに連れて行きましょう。
外自炎
 この猫種は外耳炎にかかりやすい特徴があります。外耳炎とは、外耳道の皮膚に炎症が起こる病気です。症状としては、耳にかゆみが起こって、猫が頭を振ったり頻繁に足で耳を掻いたり、耳を物にこすりつけます。このようなとき耳の中に赤や黄色の耳垢がたまったり、ひどくなると膿の混じった耳だれが外にまで出て、耳の周りが汚れてしまいます。治療法は薬を塗ればすぐによくなりますが放置すると中耳炎や内耳炎に発展することもありますので、早めの対処が大切です。
photo by denAsuncioner

一覧に戻る