溶血性貧血 - 犬の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

溶血性貧血

症状
溶血性貧血は赤血球が破壊されたことが原因で、酸素が全身に行き渡らなくなってしまったことで発症する症状です。運動を嫌がる、ぐったりして元気がない、疲れやすい、すぐに息切れをするといった症状が現れます。また、食欲の低下や嘔吐、白目や耳の中などが黄色く見える黄疸、浅くて速い呼吸など呼吸困難もみられます。この場合は口の周りが青紫になるチアノーゼや、尿の色が赤茶けて見えるといった症状が現れます。
原因
溶血とは赤血球が破壊されることを意味します。さまざまな要因で赤血球の崩壊が亢進する再生性貧血のことです。感染や何らかの毒素、血漿浸透圧の低下など原因はいろいろとあり、他にも免疫機能が原因で引き起こされた場合は急に発症することもあります。後天性の要因の中には通常は体内に侵入するウィルスや、細菌を外敵として攻撃する免疫システムが、何らかの原因で自分の赤血球を攻撃し破壊してしまうことが原因で発症する自己免疫性溶血性貧血があります。
治療方法・対策
貧血を改善させますが、症状が良くなるには1~2週間と期間を要します。貧血症状が重い場合は輸血が必要になる場合もありますが、輸血用血液は非常に貴重ですぐに見つかるわけでないので、見送られる場合もあります。また、症状によっては副腎皮質ホルモンや、ステロイド剤などの免疫抑制剤を投与します。肺に障害が出ていて全身が酸素不足に陥っている場合、酸素吸入なども行います。

他の免疫系疾患の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術