水腎症 - 犬の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

水腎症

犬の水腎症とは

尿は腎臓で作られ、腎盂で集められ、尿管を通り、膀胱でいったん貯留されます。


水腎症(すいじんしょう)とは、何らかの原因で尿の通り道がふさがり、排泄されない尿が腎臓を押し、腎盂が拡張している状態です。


重度になると、腎臓の組織が薄くなり、水風船のようになります。


また、尿管がせきとめられた尿で膨れている状態を、水尿管(すいにょうかん)といいます。


水腎症と水尿管は、同時に起こっていることもよくあります。


以下は水腎症の模式図です。


<水腎症の模式図>

水腎症の模式図

犬の水腎症の症状

水腎症の症状は、原因となっている疾患やその重症度によって異なります。


水腎症があっても、目立った症状はあまり現れないこともあれば、劇的な症状を見せることもあります。


水腎症がある場合、通常、腎機能障害が伴うので、
・食欲不振
・元気がない
・嘔吐
・ぐったりしている
・嘔吐
などの症状がみられることが多いです。

犬の水腎症の原因

水腎症の原因は、腎臓からの尿の通り道が部分的、あるいは完全に閉塞し、尿を腎臓から排泄できないことです。


水腎症の原因となる疾患は、以下のようなものが挙げられます。

<水腎症の原因>

・腎結石
・尿管結石
・腎腫瘍
・尿管腫瘍
・術後の尿管の狭窄(きょうさく:狭くなること)
・先天的な構造異常
など


尿路感染症や膀胱結石などを併発することもあります。


水腎症の検査は、以下の通りです。

<水腎症の検査>

・血液検査
・尿検査
・X線検査(尿路造影検査も含む)
・超音波検査
・CT検査/MRI検査
など


他にも必要な検査があれば、その都度行われます。

犬の水腎症の予防方法

犬の水腎症を予防する明確な方法はありません。


食欲不振などおかしい様子が見られたら、動物病院に連れて行きましょう。

犬が水腎症になってしまったら

水腎症になってしまったら、その原因をつきとめ、治療を行います。


閉塞を解除するために、手術などを行うこともあります。


原因となっている病気や経過、状態、治療への反応などにより、治療は異なります。


おかしい様子があれば、動物病院を受診しましょう。

他の泌尿器の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術