電話 0120-56-3912(サンキューワンニャンと覚えてください。)
受付時間 平日10:00〜17:00
  1. ペット保険のFPC
  2. 犬種図鑑
  3. ケアーン・テリアがかかりやすい病気・ケガ

ケアーン・テリアがかかりやすい病気・ケガ

ケアーン・テリア

ケアーン・テリアの飼い主様や、これから飼うご予定の方のために、ケアーン・テリアの特徴や飼い方、かかりやすい病気についてまとめました。 愛犬に最適なペット保険の検討のために、そして何よりも、愛犬との健やかな生活のためにぜひお役立てください。

良くかかる病気・ケガ

皮膚病
 アトピー性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎など、皮膚のトラブルがおこりやすい犬種です。好奇心旺盛で、散歩などでも色々な場所に行きたがり、皮膚のトラブルの原因となるホコリなどを被毛や皮膚に付けてくる事が多々あります。草むらや水たまりなどに行きたがりますが、避けるのが賢明です。また、オーバーコートとアンダーコートの二重構造の毛を持っており、夏場は皮膚が蒸れやすいです。日頃からブラッシングやシャンプーなどを定期的に行って、余分な汚れを取り除き、清潔に保つことが予防につながります。
レッグ・カルベ・ペルテス病
 後ろ足を上げる、かばう、歩き方の異変などの症状が見られる、大腿骨、股関節の変形です。遺伝によるものが大きいとされています。比較的症状の軽い場合は、痛みどめや運動制限などの治療が行われますが、重度の症状などの場合、手術になるケースもあります。遺伝性なので予防する事は難しいとされていますが、足に負担をかけないように滑りやすい床材を避けることをおすすめします。とても活発な犬種ですので、突然の激しすぎる遊びや長時間の運動に気を付けましょう。
緑内障
 目の充血、目が青っぽく見えるなどの症状が見られ、失明の可能性もある目の病気です。遺伝などによる先天性のものと、様々な原因からなる後天性のものがあります。眼圧が上がり、痛みがある事から嘔吐などの症状が出る事もあります。眼圧を下げる為に点眼薬などが治療に使われますが、すでに失明してしまっている場合などでは眼球摘出の手術になってしまう場合もあります。早めの治療で進行を遅らせる事ができますので、異変に気づいたらすぐに動物病院に相談しましょう。
photo by Brad L.

一覧に戻る