よく水を飲む - 猫の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

よく水を飲む

症状の傾向
糖尿病や腎不全、肝炎などの病気が挙げられ、命に関わる病気も多いです。これらの病気に共通して起こる症状は、水の飲みすぎによる排尿の量の増加などです。また、水をたくさん飲むのは病気の初期症状として現れることが多い症状です。メス猫であれば、子宮蓄膿症を患っている可能性もあります。ただし病気ではなく、食事の種類が急激に変化することで、水を飲む量が変化することも考えられます。水を多く飲む場合は、与えている餌が水分をあまり含んでいないものであることも考えられます。
発見方法・対策
水をたくさん飲む原因となる病気はさまざまな種類があるので、有効な予防策はありません。高齢の猫でも腎不全などを患っている可能性もあるので、飲む水の量には注意しなければなりません。糖尿病などのように、病気が進行すればほかの病気を併発するものもありますので、水を飲む量が異常であると感じたら速やかに動物病院へ連れて行きましょう。
※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術