糖尿病 - 猫の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

糖尿病

症状
何らかの原因で糖分が細胞内に取り込めなくなり、様々な症状が引き起こされます。血中の血糖値が上昇した場合に尿中に水分と一緒に排出するために、多飲多尿の症状が最も多く見られます。また食べる量が増えるのに痩せたり、膀胱炎などの感染症にかかりやすくなったりといった症状も表れます。食欲不振や痩せるといった症状が表れた場合は、糖尿病が進行して肝リピドーシスという肝臓に脂肪がたまる脂肪肝の一種になっている危険性があります。また黄疸が見られたり、腎障害や白内障などの合併症を引き起こす場合もあります。
原因
糖尿病はインスリン依存性糖尿病とインスリン非依存性糖尿病に分かれ、原因が異なります。依存性では膵臓のランゲルハンス島から分泌されるインスリンホルモンの量が低下していることが原因です。先天的な機能不全や腫瘍や甲状腺機能亢進症、クッシング症候群や腎疾患など基礎疾患による影響が考えられます。非依存性ではインスリンへの反応の鈍化が原因です。一気に大量に食べると多量のインスリンが分泌され、それを繰り返すことで反応が鈍化して血中の糖の濃度は高いままになり発症すると考えられます。またストレスや肥満も影響すると考えられています。猫では非依存性のの方が多く、高齢の猫や雄猫に多いのも特徴です。
治療方法・対策
皮下注射によるインスリンの投与を行います。投与する量は少なすぎても低血糖症を引き起こすため、症状を見ながら適量に調整をする必要があり、毎日飼い主さんが投与するようになります。加えて食餌療法と運動療法を行い、血中の糖濃度が高くならないようにします。インスリン非依存型糖尿病の場合は、肥満が解消されることで症状が改善される場合もあります。基礎疾患が影響している場合は、その治療を行います。日頃から食餌と運動に気をつけて肥満を防ぎ、ストレスの少ない環境を整えることが予防策です。

他のホルモンの病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術