肺高血圧症 - 猫の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

肺高血圧症

症状
肺の血管内径が狭くなることによって肺動脈圧が高くなって右心房への負担が増えて機能が低下したり、また肺を通過する血液循環が不十分になることで全身への血液循環が低下したりして、結果全身に血液が停滞するようになります。血流が悪くなることで様々な症状が現れます。運動するとすぐに疲れたり息が上がったりする運動不耐性や、常に口を開けて呼吸したり胸を広げるように息を吸い込んだりするようになります。咳や発育不全などの症状も現れます。原因となる基礎疾患によってはチアノーゼが見られる場合もあります。死に至る危険性が高い状態です。動脈硬化症や脳出血、心臓の肥大などを続発する場合もあります。
原因
原発性と二次性の場合があります。原発性の発生メカニズムについては解明されていません。二次性の場合、心疾患に続発するケースが多く、動脈管開存症やファロー四徴症、心室中隔欠損症や心房中隔欠損症などがあります。また犬糸状虫症などの進行性の血管疾患や、老齢や肥満も原因と考えられます。
治療方法・対策
心雑音とX線検査、超音波検査などで診断されます。内科治療が一般的です。降圧薬や利尿薬、血管拡張剤や気管支拡張剤、強心薬などが投与されます。状況に応じて酸素の吸入をしたり、多血症の場合は造血抑制剤を投与したりします。心疾患などの影響がある場合には、その治療を行います。肥満や高ナトリウム食と高血圧との関連が推察されています。日頃から栄養バランスのとれた食餌を与え、運動管理と合わせて体重をコントロールすることが、予防策になると考えられます。

他の循環器の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術