胸水 - 猫の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

胸水

症状
胸腔内に液体がたまっている状態で、十分に肺が伸縮を行えず機能低下を招くことがあります。主な症状は呼吸困難や発熱、食欲不振や咳などです。肺の機能低下によって酸素不足が起こり、チアノーゼが見られる場合もあります。また胸部に痛みを感じるため、触られるのを嫌がるようになります。進行のスピードは様々ですが、液体がたまるに従って呼吸はどんどん苦しくなり、死に至る危険性があります。
原因
胸腔内にたまる液体は様々で、その液体によって原因が異なります。主に膿が溜まる膿胸、乳びが溜まる乳び胸、血液が溜まる血胸などがあります。膿胸では感染症や猫同士のケンカによる外傷、呼吸器疾患での炎症が原因となり出る膿がたまります。乳び胸では外傷や心臓疾患、腫瘍などは原因で、乳びという腸管からの脂肪球を含むリンパ球がたまります。血胸では胸部への衝撃や腫瘍などによって血液がたまります。
治療方法・対策
X線検査で液体がたまっているかどうかを確認することで診断します。まず胸腔内にドレインチューブを挿入して液体を吸引します。吸引された液体を解析し、その成分から考えられる原因の中から特定して治療を行います。膿胸の場合は膿を排出後に洗浄し、抗生物質を投与します。乳び胸の場合は乳びを排出して基礎疾患の治療を行ったり、腫瘍が見られる場合は外科手術で切除したりする場合もあります。血胸の場合は、血液を排出して必要であれば外科手術をしたり輸血を行ったりします。室内飼育にして事故を防いだり他の猫との接触を避けること、また感染症を防ぐためのワクチンの接種が予防策です。

他の呼吸器の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術