目に異常がある - 犬の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

目に異常がある

症状の傾向
目の焦点があっていない・暗いところで見えにくそうにしている・家の中で物によくぶつかる・散歩のときに歩きにくそうにしている・溝に落ちることがある・散歩を嫌がる。このような症状があるときは、目に異常があって視力が低下している可能性があります。また、眼球の色がおかしいときは白内障をおこしていることもあります。
発見方法・対策
日ごろから健康な目の状態を把握しておき、眼球の色や大きさなど少しの変化に気付くことが発見につながります。また、歩き方や目を気にする様子がないかなど、生活の様子をチェックしておくことも重要です。
※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術