僧帽弁閉鎖不全症 - 犬の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

僧帽弁閉鎖不全症

症状
僧帽弁閉鎖不全症は心臓弁の異常で、初期では目立った症状がなく、興奮する、散歩の時に軽く咳をするといった程度です。だんだんと呼吸が乱れやすくなり、疲れやすい症状が現れてきます。進行すると散歩に行きたがらず、咳は頻繁になってきて、呼吸の乱れもみられるようになります。また、食欲もなくなり体重も落ちてきます。この頃には心臓の左心室・左心室が拡大していると病態で、さらに重症化すると腹水や呼吸困難がみられ、チアノーゼが出ることや、発作で失神することもあります。
原因
心臓で血液の逆流を防ぐ役割をする弁を、僧帽弁といいます。僧帽弁閉鎖不全症は、この2つの弁が何らかの原因で肥厚し、正常に機能しなくなって完全に閉じなくなってしまう病気です。僧帽弁が閉じないことで血液の流れに異常が生じて、大動脈に流れるはずの血液が押し戻されて逆流が起こります。この状態が長く続くと肺はうっ血し、肺水種を併発することもあります。
治療方法・対策
診察は聴診器で心音をチェックして、僧帽弁閉鎖不全症特有の心臓の雑音を聞きます。X線検査や心電図、血液検査を行います。超音波検査では、心臓の動きなどや拍動もチェックします。病状や症状によって治療方法は異なりますが、利尿剤や強心剤の内科的治療を行います。心臓への負荷を軽減して、食事は塩分の少ない療法食に変更し、運動を制限して心臓に負担のかからない生活を心がけます。重症の場合は、人工弁を取り付ける外科的手術を行う場合もあります。ただ現在は、早期発見で心臓の異常を見つけ、内科的治療を施すのが一般的です。

他の循環器の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術