尿路結石症 - 犬の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

尿路結石症

症状
尿道にできる結石と、膀胱結石などを総称して尿路結石症といいます。尿路に結石ができると尿の出が悪くなり、1回の排尿量が減ったり、最悪の場合はまったく出なくなることもあります。ようやく出ても、ピンクや赤色をした血尿になっていることもあります。排尿しようと長時間踏ん張っていたり、何度も排尿ポーズをとるのに尿が出ていない時は、膀胱炎や尿路結石症を疑います。放置しておくと急性腎不全や、尿毒症を起こすこともあります。
原因
尿道結石は、膀胱で作られた結石が尿と一緒に流れてきて尿管に詰まったことが原因です。ストルバイト結石・シュウ酸カルシウム結石・尿酸塩結石・シスチン結石・シリカ結石などがありますが、ワンちゃんの場合はストルバイト結石がよくみられます。結晶化する原因ははっきりしませんが、ホルモン異常や細菌感染、水分摂取量の減少、排尿の我慢などがあり、食事ではリン酸・マグネシウム・カルシウムなどのミネラルの過剰摂取があげられます。結石ができやすい犬種もあるので、繰り返す場合は遺伝性要因も疑われます。
治療方法・対策
結石がある場合は、種類や大きさを特定して治療します。抗生物質の投与と結石が小さい時はカテーテルで洗い流したり、排尿量を増やして体外に出してしまうという方法もあります。大きな結石はゴルフボール状になることもあるので、外科的手術で取り除きます。食事療法では、尿を酸性にして結石を溶かす方法もありますが、処方食以外は与えてはいけないなど徹底した管理が必要で、生涯的に与える必要もあります。予防はトイレを清潔に保ち、新鮮なお水をいつでも飲めるようにしておきます。

他の泌尿器の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術