植物による中毒 - 犬の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

植物による中毒

症状
ワンちゃんの口に入ると危険な植物は、案外身近に多くあります。症状は嘔吐・下痢・腹痛・皮膚炎などの症状が出る場合があり、大量に摂取すると死に至る場合もあるので注意が必要です。
原因
お部屋にある観葉植物にも、ワンちゃんにとっては危険なものがあります。オモチャにしたり、ふざけて口にした場合でも中毒を起こすことがあるので、要注意です。葉の部分に毒性があるものと、花や花粉や茎に毒がある場合とどちらもあります。安全な植物でも、屋外の花や葉、芝には殺虫剤や除草剤がかかっていることもあり、除草剤は枯れてきてからでないと散布されていることがわからないので注意が必要です。
治療方法・対策
ワンちゃんが食べた植物が何かを特定し、どういった症状が出ているかで対処方法は違います。胃の洗浄や毒性を中和させる対症療法を行います。また、対策としてはワンちゃんの届く場所に植物を置かないことや、むやみに口にしないようしつけることが必要です。

他の中毒の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術