肝リピドーシス - 猫の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

肝リピドーシス

症状
脂肪肝とも呼ばれ、肝臓に著しく脂肪が蓄積し、機能が損なわれている状態です。肝臓は代謝や解毒、胆汁の生成など様々な役割を担っており、その機能が損なわれると様々な症状を表します。食欲不振や体重減少、嘔吐や下痢、黄疸などが見られ、進行すると痙攣や意識障害などの肝不全の症状が見られます。特に肥満の猫で突発的な悪化が見られて、数日で死に至る危険性もあります。
原因
脂質の代謝異常によって脂肪が蓄積されることが原因です。脂肪を肝臓から脂肪細胞へ運ぶアポタンパク質の不足や、必須アミノ酸の1つアルギニンの不足が考えられます。インスリンの働きが弱まることで血中に脂肪が残った状態になることから、膵臓の機能不全も原因と考えられます。基礎疾患が影響している場合もあり、糖尿病に続発するケースも多く見られます。また原因は解明されていませんが、肥満で高齢の猫が発症しやすく、ストレスが引き金となって急に発症するケースも見られます。
治療方法・対策
食餌を取らない状態になるので、胃などにチューブで強制的な栄養補給を行います。症状に応じて輸液や抗生物質が投与される場合もあります。基礎疾患の影響が見られる場合は、基礎疾患の治療を行います。肥満にならないように、日頃から食餌の管理と適切な運動をさせること、ストレスを与えないことが予防策です。肝リピドーシスは発症すると死亡率が高いため、猫の様子をよく観察しておきいち早く異変に気づくことが大切です。肥満の猫では急激な食餌量の減量でも発症する場合があります。食欲がない場合は放っておかず、動物病院を受診しましょう。

他の消化器の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術