心不全 - 犬の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

心不全

症状
心不全はワンちゃんの心臓や他の臓器に異常があり、血液を送り出す働きに異常が生じる病気です。最初はあまり症状が出ませんが、聴診では心臓に雑音が生じます。だんだんと咳が出たり、運動や散歩を嫌がったりする他、疲れやすくなります。また、症状が進行するとチアノーゼや散歩中に失神したりすることがあります。一日中咳が出て、食欲がなくなることで体重が減ります。呼吸困難がみられるような場合は、かなり進行した状態になっています。
原因
心臓は、肺から酸素を集めて血液と一緒に体全体に送り出す働きをしています。心不全は特定の病気ではなく、心臓が正常に血液を体内に送り出すことができない状態になり、いろいろな症状を引き起こす総称です。心臓の症状によって原因も異なります。多い症状としてはフィラリア症、慢性心不全(僧帽弁閉鎖不全症)といわれる心臓弁の異常、心臓周辺の血管や筋肉の異常などがあげられます。まれに事故や、心臓以外の血管異常や他の病気での貧血などが原因になることもあります。
治療方法・対策
心不全は、原因や心臓病の種類によって症状も違うので治療方法は異なります。心電図やX線、血液検査、超音波診断など様々な検査が必要となる場合もあります。内科的治療では強心剤や利尿剤、血管を広げる薬などを投与し、進行を抑えて病状を安定させます。運動制限や興奮させないよう安静を心がけ、静かに過ごせるように生活環境を整えます。食事療法も有効で、塩分を抑えた処方食を与えることもあります。心不全は治療を開始する段階であれば、生涯治療を続けていくことになります。早期発見・早期治療ができれば心臓の負担を軽くし心不全の進行を抑え、動物にとって快適な時間を長くすることができます。

他の循環器の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術