誤飲 - 犬の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

誤飲

症状
異物を誤飲した時に詰まる部位は、食道、胃、腸の3ヶ所です。飲み込んだ時に食道に詰まってしまうものは、固い食べ物や大きなジャーキー、オモチャなどがあります。吐きそうにしたり、咳き込みます。胃まで流れた場合でも胃の出口は狭いので、今度はそこで詰まるため、胃を傷つけたり嘔吐が起きます。腸で詰まった場合、放置すれば腸が壊死したり捻じれてしまうこともあり大変危険です。嘔吐を繰り返し重篤な状態になり命を落とす危険性もあります。
原因
誤飲事故は非常に多く、さまざまなことが原因になります。食べてはいけない食べ物を口にした時や、他のワンちゃんとオモチャを取り合っている時などに、口の中に入れた拍子に飲み込んでしまうこともあります。小型犬ではティッシュやタオルをオモチャにしていて食べてしまうなどさまざまです。また、携帯電話やテレビのリモコンなどを壊して部品を飲み込んで、金属の中毒を起こすこともあります。
治療方法・対策
X線で飲み込んだ物と大きさ、詰まっている部位を確認し、内臓を傷つけないように取り出す方法を考えます。無理に吐かせようとすると食道を傷つける恐れもあります。吐かせられる物は吐かせて、食品の場合は胃まで押し流すこともあります。難しい場合は全身麻酔で内視鏡で取り出すか、切開手術になります。予防としてはワンちゃんの目線で生活環境を見直し、手が届くものはすべて片付けます。また、オモチャは口の中に収まるサイズより少し大きめの物を選びます。中毒の原因にもなりかねない事故なので、常に注意することを心がけます。

他のその他の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術