巨大結腸症 - 猫の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

巨大結腸症

症状
大腸の一部の結腸の働きが弱まることなどで、便がたまり拡張・巨大化している状態です。便秘やしぶり、便を出そうと排泄行動を繰り返す、食欲不振、嘔吐、毛ツヤが悪くなるなどの症状が表れます。腹部を触ると、しこりのように糞便が分かることもあります。排泄行動の際、粘液性の軟便や下痢便が少量見られることもあるため、便秘ではなく下痢と勘違いされるケースもあります。長期化すると食欲不振などから脱水症状や衰弱する可能性があります。
原因
先天性、骨盤狭窄や異物などの通過障害、自律神経の障害が原因と考えられます。先天性の場合、骨格や神経の異常によって、便の通過が妨げられていたり蠕動運動が正常に行われなかったりします。通過障害の場合、事故による骨盤損傷や上皮小体機能亢進症などによる発育不全などが考えられます。自律神経の障害の場合、事故による骨盤周辺の神経の損傷や代謝性疾患の影響などが考えられます。
治療方法・対策
症状に応じて、脱水症状があれば輸液の投与を行ったり、下剤や便軟化剤が投与されたり、浣腸を行ったりします。食餌療法も行われ、便秘用の処方食もあります。食物繊維の多い食餌は便の量を増やすため効果的とされていますが、状況によっては症状の悪化に繋がる可能性もあります。改善が見られない場合には、外科手術で結腸の部分的切除を行う場合もあります。治療は長期になる場合が多いため、日頃から便の状態を把握して早期に対応することが大切です。

他の消化器の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術