肺炎 - 猫の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

肺炎

症状
肺が炎症を起こしている状態で、正常なガス交換ができない状態になっています。咳や嘔吐、発熱や食欲不振、くしゃみや鼻水などの症状が表れます。呼吸がしづらいため、進行すれば呼吸困難を引き起こし死に至る危険性があります。気管支炎から肺炎が引き起こされる場合もがあれば、肺炎から気管支炎を引き起こす場合もあります。原因によっては進行が速いので、早期の対応が必要です。
原因
ウイルス・細菌・真菌の感染、寄生虫、誤嚥など様々な原因が考えられます。ウイルスではカリシウイルスやヘルペスウイルスなど、細菌ではパスツレラ菌や気管支敗血症菌など、真菌ではクリストコッカスなどによる感染です。寄生虫ではフィラリアや肺吸虫などがいます。誤嚥では嘔吐や吐出によってや加齢などに伴います。またホコリやカビによるアレルギーや薬剤の影響なども原因になります。
治療方法・対策
抗生物質や抗真菌薬、駆虫薬などが投与されます。気管支拡張薬や沈咳薬が投与される場合もあります。投与方法には薬剤を霧状に噴射して吸入させる方法があります。また状態に応じて酸素吸入や点滴などの処置が行われます。感染を防ぐためのワクチンの接種やストレスが少なく清潔な飼育環境を整えることが予防策です。進行すれば死に至る危険性があるため、初期段階で気づけるように普段からよく観察しておきましょう。

他の呼吸器の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術