血尿症 - 猫の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

血尿症

症状
尿に血液が混じっている状態で、主な原因は膀胱炎と結石症です。そのため膀胱炎と結石症の症状である血尿に加えて、食欲不振や発熱、尿の色が濃く濁る、強い臭い、尿の回数が増えるなどの症状が表れます。また腎炎などの腎臓疾患によって血尿が見られる場合もあり、多飲多尿や食欲不振、発熱や嘔吐などの症状が現れることがあります。
原因
膀胱炎や結石症、腎臓腫瘍矢腎炎などの腎臓自体の疾患が主な原因です。最も多い膀胱炎では、尿道からウイルスや細菌が侵入して膀胱に達することで発症したり、結石などによって膀胱が傷つけられて発症したりします。結石症は食餌の栄養バランスの偏りや飲水量、ストレスが原因と考えられます。食餌の栄養バランスが偏ることで尿が酸性またはアルカリ性になり結石化が起こりやすくなります。また特発性腎出血の場合も腎臓からの出血による血尿が見られますが、発症の原因は解明されていません。
治療方法・対策
原因に対してそれぞれ治療が行われます。

他の泌尿器の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術