鼻炎 - 犬の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

鼻炎

症状
鼻炎は鼻腔内に炎症が起きた状態です。初期ではくしゃみや水性の鼻汁が増えます。悪化してくると鼻づまりの症状や粘液性の膿性の鼻汁がみられるようになり、炎症から血が混じることもあります。鼻を気にして鼻をかく仕草をしたり、鼻で呼吸することができなくなり、口で呼吸をする様子がみられます。鼻炎を放置しておくと慢性化し、治療が難しくなることもあります。
原因
子犬の時に鼻炎を発症した場合は、感染症が原因になっていることが多くあります。鼻炎を引き起こす代表的なウィルスとしては、ジステンバー感染症があります。そのほかの感染症は真菌やハウスダスト、花粉、ダニなどのアレルギー性鼻炎も考えられます。また、生活環境の中で刺激のある薬品や異物の吸引も考えられます。口蓋裂や歯周病など口の中の疾患が波及して鼻にまで炎症を起こすこともあります。鼻汁に混じる血が明らかに出血だったり、症状の悪化が早かったりする場合は腫瘍の可能性もあります。
治療方法・対策
症状が軽度の場合は抗生物質や消炎剤の投与で治療をします。他に基礎疾患があればあわせて治療を行います。アレルギーが原因の場合は何が原因かを特定し、抗アレルギー剤で炎症を抑え、原因物質を生活環境から排除します。またジステンバーなどの感染症はワクチンで予防ができるので、年1回のワクチン接種で予防します。鼻炎も慢性化すると治療に時間がかかるので、早期発見で軽症のうちに受診して治療することが大切です。

他の呼吸器の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術