排尿に異常がある - 猫の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

排尿に異常がある

症状の傾向
排尿の異常にも種類があり、排尿量が増える、排尿量が減る、尿の色がおかしいといったものが挙げられます。排尿量が増える病気としては、糖尿病や腎不全、肝炎などが挙げられ、水を多く飲む症状が見られます。排尿量が減るのは膀胱炎や下部尿路疾患などが挙げられ、血尿を伴う場合があります。尿の色がおかしい場合は膀胱炎などに加え、熱中症や中毒を起こしている可能性があります。排尿量の減少や血尿などはある程度原因となる病気が特定しやすく、早期発見も容易ですが、排尿量が多い場合は普段の排尿量をきちんと把握していないと発見が遅れる可能性もあります。
発見方法・対策
排尿に異常が見られれば、速やかに動物病院へ連れていくことをお勧めします。排尿に異常が見られる場合は何らかの病気を患っている可能性が高く、放っておいても自然に回復する可能性は低いです。また、腎不全や糖尿病、肝炎など、症状が進行することで他の病気を併発したり、命の危険を伴う病気も多いので、早期発見と早期治療を行うことが望ましいです。特に血尿であれば見た目に分かりやすいですし、尿の量が多ければ水を飲む量も増えているはずなので注意して観察しましょう。日頃から猫の体調だけでなく、尿に異常がないかを把握しておくことで早期発見につながります。病院へ連れていく際には排泄した尿を持っていけば、診察がスムーズになりますが、できる限り異物が混ざらないように注意しましょう。
※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術