ウォーブラー症候群 - 犬の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

ウォーブラー症候群

症状
一般的に、頚部が長い・頭部の重い、大型・超大型犬種にみられ、頚部脊髄の圧迫病変により頚部痛、運動失調、虚弱、左右対称性の神経学的症状(後肢の左右への動揺)、四肢麻痺などの症状を引き起こします。初期症状の多くは頚部痛と後肢のふらつき歩行がみられます。頚部痛がある場合、頭をまっすぐにしたまま低い位置に保とうとする特徴的な姿勢が見られます。多くに進行性があり、早急な診断と治療が必要になります。
原因
大きくは二つの病態に分けられ、発症源も異なります。一つは、成長期の超大型犬種に発生する脊椎の形成異常によっておこる頸椎および胸椎の脊髄圧迫。もう一つは、中高齢の大型犬にみられる慢性の椎体不安定症を原因として、二次的に椎体周囲の靭帯、椎間板線維輪および関節包などの組織が肥厚し、脊髄が圧迫されるというものです。歩様検査およびX線撮影、必要に応じて脊髄造影を行い総合的に診断します。
治療方法・対策
内科的治療と外科的治療があり、外科的治療法の中での手術方法がいつくかあります。運動制限、ステロイド療法などにより一時的に症状が軽減する事もありますが、多くの症例で慢性進行性(時に急性進行性)の経過をたどり、重度な四肢不全麻痺、歩行困難な状態になることがあります。発生しやすい犬種といわれているワンちゃんは、なるべく首に力がかからないようにハーネス選びを注意するなどの予防をしましょう。

他の骨・関節の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術