角膜炎 - 猫の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

角膜炎

症状
目の表面を覆う膜が傷ついたことで、角膜が炎症を起こす病気のことを角膜炎といいます。角膜炎を発症すると、目やにや涙が増える、激しい痛みを感じ目をこすって瞼が腫れる、角膜が白く濁る、まばたきが増える、目を閉じた状態が続くなどの症状が表れます。正常な角膜には血管はありませんが、角膜炎の場合は角膜に血管が見られることがあります。症状が重症化すると角膜潰瘍となってしまうことや、失明してしまうこともあります。
原因
原因は外因性(潰瘍性角膜炎)のものと内因性(非潰瘍性角膜炎)のものの2つが考えられます。潰瘍性角膜炎は、目をこすったりまつ毛や目の周りの毛が与える眼球への刺激、目にシャンプーや石、ほこりなどの異物が入ることが主な原因です。非潰瘍性角膜炎のものは真菌などの菌による感染症や、結膜炎など他の疾患の影響、代謝の疾患によるもの、アレルギー反応などが考えられます。その他にもビタミン不足や涙の量が少ないことも、原因の一つとして考えられます。
治療方法・対策
基本的には原因となる感染症の治療や異物を取り除き、点眼治療を行います。しかし、原因がウイルスや細菌による感染症であれば、抗ウイルス薬や抗生剤を処方されます。重症化すれば外科手術が必要になることもあります。日頃から猫の目のまわりを確認することが、早期発見に繋がります。多頭飼育や外飼いをしている場合には、他の猫との接触や事故に気を付ける必要があります。

他の目の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術