網膜剥離 - 犬の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

網膜剥離

犬の網膜剥離とは

網膜剥離(もうまくはくり)とはおおまかにいえば、網膜が脈絡膜(みゃくらくまく)からはがれた状態です。

目に入ってきた光の情報は網膜で電気信号に変換し視神経を通り脳へと送られているので、網膜に異常が起こると失明する可能性があります。


<眼の模式図>

眼の模式図

網膜剥離は網膜のはがれ方により大きく下のように

・裂孔原性(れっこうげんせい):網膜に穴が開いたことによる網膜剥離

・非裂孔原性:網膜に穴が開かないまま起こる網膜剥離

に分けられます。

非裂孔原性にはさらに牽引(けんいん)性と滲出(しんしゅつ)性があります。


●裂孔原性(れっこうげんせい)

裂孔原性とは網膜に小さな穴や裂け目が入り、液状になった硝子体(しょうしたい)が網膜の下に入ることで網膜がはがれます。動物では少ないですが、シー・ズーやラサ・アプソなどの犬種では高い確率で自然発生します。


●牽引(けんいん)性

牽引性とは眼内での炎症後に起こり、炎症から治癒する過程でひきつれた痕や炎症で形成された膜、または硝子体(しょうしたい)などに引っ張られ網膜剥離が起こります。


●滲出(しんしゅつ)性

滲出性とは動物の網膜剥離で最も多く、高血圧や炎症により出てきた液が網膜の下に貯留することで起こります。


網膜剥離は放っておくと将来的に治療に反応しにくい慢性の緑内障ブドウ膜炎が起こります。それらにより視力を失うと眼球摘出や義眼にする必要が出てくることもあります。


犬の網膜剥離の症状

犬の目が見えなくなっていることに気付き動物病院へ連れて行く例が多いです。飼い主様が気付くほどの症状が出るときは両眼の網膜の広範囲で剥離が起こっていることがほとんどです。片眼や一部のみの網膜剥離では分かりやすい症状は現れにくく、気付くことは難しいでしょう。


<網膜剥離(失明の場合)の症状>

・目の前のものや家具にぶつかる

・歩くときにしきりに地面を嗅ぐ様子がある

・不安そうにおどおどしながら行動する

・ものを目で追う(とらえる)様子がない

など


他には、網膜剥離により眼内出血が引き起こされたときは黒目の部分が赤く見えることがあります。


犬の網膜剥離の原因

網膜剥離は過熟白内障と呼ばれる最終段階の白内障や、緑内障でも起こることがあり、それ以外にも下のようにさまざまな原因が挙げられます。


<網膜剥離の原因>

●裂孔原性

・先天性

 -網膜異形成※1

 -コリーアイ※2

・硝子体(しょうしたい)の状態の変化

・眼内手術

●牽引性

・眼内の炎症後にできた膜や硝子体などに引っ張られる

・外傷

・眼内手術

・糖尿病

●滲出性

・高血圧

・眼内炎

 -脈絡網膜炎※3(みゃくらくもうまくえん)

など


(※1)網膜異形成とは、網膜や脈絡膜、強膜が正常に発育しない先天的な疾患です。

(※2)コリーアイとはコリー犬種に起こる先天性眼疾患で、段階や重症度によりさまざまな眼の異常が起こりますが、重度になると網膜剥離を発症します。定期的な検査とそれぞれの異常に対する早期対処が重要となります。

(※3)脈絡網膜炎(みゃくらくもうまくえん)は眼の中の脈絡膜と網膜で炎症が起こっている状態です。脈絡膜と網膜は接しているので、脈絡膜で起こった炎症が網膜に広がります。


網膜剥離では視覚の異常や消失の可能性のある症状の訴えが多いので、視覚があるかの確認を行います。眼に急に手を近付けたり強い光を当てそれに反応するかを見たり、眼に光を当て左右の瞳孔の動きを見たりします。

両眼での失明が疑われる場合は、診察室で犬から少し離れたところで飼い主様に呼んでもらい、その道筋に障害物を置いてそれを避けられるかを見ることもあります。


網膜剥離の検査には以下のようなものがあります。


<網膜剥離の検査>

・眼底検査など各種眼科検査

・血液検査

・超音波検査

・血圧測定

など


網膜剥離の原因は多様なので、網膜剥離を引き起こした疾患がないかをしっかり検査します。


犬の網膜剥離の予防方法

網膜剥離は初期ではわかりやすい症状が出ないので、事前の定期的な検査で網膜剥離を早期発見することができるかもしれません。定期的な検査は網膜剥離になる可能性が高い状態や眼疾患である場合は特に重要になります。


網膜剥離になる可能性が高いケースでは麻酔をかけてレーザーを眼内に当て網膜を定着させる光網膜凝固術が予防として行われます。


犬が網膜剥離になってしまったら

網膜剥離の治療方法は網膜剥離の型により、以下のようなものがあります。


●裂孔原性と牽引性の場合

裂孔原性や牽引性の部分的な網膜剥離であれば、それ以上の剥離の進行を予防する目的でレーザーを網膜に当てて網膜を固定する光網膜凝固術が行われます。

片側の眼で網膜剥離が起こると残った正常な眼も将来網膜剥離になる可能性があるので、そちらにも予防的にこの手法を用いたり、白内障などの眼内手術後に網膜剥離を起こすケースも多いので、眼内手術をした犬には予防的に行ったりします。

光網膜凝固術は専門的な設備や判断が必要になるので、眼科専門医や施術が可能な動物病院に紹介されることもあります。


また、広範囲あるいは完全な網膜剥離では治療を行わないことも多いです。

ただ、広範囲あるいは完全な網膜剥離でも適応であれば網膜硝子体(しょうしたい)手術により網膜を再度くっつけることができます。

しかし、この手術を行うことのできる獣医師や設備をそろえている動物病院は全国でもかなり限られます。なお、全ての施術例で視力が回復するわけではなく、他の眼内手術同様、合併症が起こることもあります。


●滲出性の場合

滲出性の網膜剥離は高血圧や脈絡網膜炎(みゃくらくもうまくえん)などの炎症が原因となっているので、網膜剥離の原因となっているそれぞれの病気の治療を行います。

高血圧には血圧降下剤、さらに高血圧の原因になっている病気の治療、脈絡網膜炎や眼内炎の原因に対する治療を行います。

具体的には、腎不全、心不全などが原因の高血圧であればそちらの治療も行われ、免疫が関わる疾患であれば免疫抑制剤、細菌や真菌(かび)が原因であれば抗生剤や抗真菌剤などが処方されます。

目の奥の網膜までは点眼薬の効果は届かないので、網膜剥離の治療に関しては内用薬が使われます。


網膜剥離は状態がかなり進むまで症状に気付くことは少ない疾患です。事前の定期的な眼の検診を行い、行動や様子に異常が見られたらすぐに動物病院に連れて行きましょう。


他の目の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術