チェリーアイ - 犬の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

チェリーアイ

症状
目頭の中には第三眼瞼があり、その裏にある第三眼瞼腺(瞬膜)が飛び出してしまう病気です。第三眼瞼腺逸脱とも呼ばれ、飛び出した瞬膜は乾燥したり刺激で炎症を起こし、サクランボのように腫れあがることからチェリーアイと呼ばれます。また、この刺激が原因で角膜炎や結膜炎を起こすことがあります。チェリーアイになると眩しそうに目を細めたり、前足で目をこすったりします。涙を流したり、充血もみられることもあり、1歳未満で発症する例が多くあります。
原因
第三眼瞼腺は結合組織で眼窩骨膜につなぎとめられていますが、つなぎとめる力が弱くなっていると、チェリーアイを発症しやすくなります。大抵は中に包まれている涙腺には問題がないことが多いです。先天性異常の疾患である可能性が多くありますが、目に腫瘍があったり、外傷が原因で瞬膜が傷つくことが原因になる場合もあります。
治療方法・対策
治療の際には、飛び出してしまった第三眼瞼腺を元に戻します。方法はいくつかあり、飛び出しが小さく軽傷の場合は抗炎症薬の点眼で治療します。再発を繰り返したり大きく飛び出している場合は外科手術で元に戻す手術をします。第三眼瞼腺は目の表面を保護する涙を作っているので、できるだけ温存する形がとられます。チェリーアイに気づいたら、目を傷つけて症状を悪化させないように早急に病院を受診します。

他の目の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術