肛門周囲腺腫 - 犬の症状|犬・猫のペット保険選びならFPCのペット保険

肛門周囲腺腫

症状
通常は肛門付近の毛の生えていない部分に小さなしこりができます。まれに毛の生えている場所や尻尾の部分などにもできることがあります。また、数ヶ所同時に発生する事もあります。治療を先延ばしにすると、腫瘍は徐々に大きくなり、腫瘍の表面が破れて出血し、潰瘍のようになってしまいます。細菌感染をおこして化膿してしまうこともあります。排便しにくくなったり、便に血が混ざったりして気づくこともあります。
原因
肛門の周りには肛門周囲腺と呼ばれる皮脂等の分泌腺があり、その分泌腺が腫瘍化してしまったものが肛門周囲腺腫です。良性、悪性とありますが、場合によっては良性が悪性に変化するケースもあります。多くは歳をとった去勢手術をしていないオスのワンちゃんに見られ、老化によるホルモンのバランスが不安定となることが原因とされます。若い頃に去勢をしてしまったワンちゃんやメスのワンちゃんにはあまり発生しません。
治療方法・対策
外科切除が主流となります。細胞が少しでも残ってしまうとそこから再発してしまうため、腫瘍の周囲・深さ共に大きく切り取ります。排便のためには肛門の皮膚に余裕を残しておく必要があり、また皮膚の下はすぐに肛門括約筋があるため、切除できる範囲にも限りがあります。できるだけ小さなうちに手術を行う事が大切です。通常ホルモンの出所である精巣を切除して再発リスクを低下します。若いときに去勢をすることが予防となります。

他の腫瘍の病気一覧

※こちらに掲載している情報は、十分に検討・確認のうえ、獣医師の監修を受け掲載されたものではありますが、その正確性、安全性、有用性などについて何ら保証するものではありません。コンテンツのご利用により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、お客さまご自身の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
特に、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院の方針等や獣医師の考え方等によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

50%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,590円

5〜8才の月額保険料:2,390円

補償の対象:通院・入院・手術

70%補償プラン

0〜4才の月額保険料:1,950円

5〜8才の月額保険料:2,930円

補償の対象:通院・入院・手術